【ケンちゃんは、なんで美容師になったのか?】②

ブログ頭の定型文

 

【1月のお休み】

 

1日〜4日(正月休み)

 

 7日㈪     14日㈪    

 

 20日㈰      21日㈪     28日㈪

 

  

 

 

【K-mixまでの道案内】

どぉもケンちゃんです☆

これからの季節、仙…

⇑⇑⇑⇑

K-mixへの道案内です

 

 

⇑⇑⇑⇑

シャンプージプシーの方に使って欲しい!!髪が変わるDO-Sシャンプー

 

 

⇑⇑⇑⇑

ジアミンアレルギーの方、薄毛、細毛にお悩みの方には天然100%ヘナ『ハナヘナ』がオススメです

 

 

⇑⇑⇑⇑

界面活性剤を使わない新しい洗浄システム!!お肌のケアでお悩みの方必見です。オイルケアで肌と髪の毛が若返ります☆

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 


どぉもケンちゃんです☆

【ケンちゃんは、なんで美容師になったのか?】
どぉもケンちゃんです☆ もうすぐ受験の季節。 ...

美容師になることを決めたケンちゃんは専門学校探し

当時、仙台市内には3つの美容専門学校がありました。

選ぶ基準もよく分からなく

とりあえず校舎が新しいというだけで

仙台理容美容専門学校に決めました(笑)

まずは推薦で受験(ノ´∀`*)

落ちる=͟͟͞͞(๑ò◊ó ノ)

時は平成12年

空前のカリスマ美容師ブーム

美容師になるための専門学校は

定員数を大幅に超える

受験者がいたみたい。

もう一度、一般入試で受験してなんとか合格しました(ノ´∀`*)

これ落ちてたら危なかった・・・・・・。

晴れて専門学校に入学して始めにやったことはバイト探し。

地元求人紙で色々探して、お好み焼き屋をチョイス✨

ケンちゃんは、お好み焼き屋さんに

行ったことはなく単純にお好み焼きが好きで

沢山食べれるんじゃないかっていう安易な発想(*´艸`*)

ちなみにそのお好み焼き屋さんは

道頓堀のお好み焼の専門店 「千房」 - デート・女子会・誕生日など記念日においしいお好み焼きはいかがですか?接待等のビジネスにもご利用ご利用いただけます。あなたの街の「千房」の店舗案内や求人情報、社長「中井政嗣」の情報をご確認下さい。

【お好み焼き千房】←三越の近くの

日本全国にあるお店とは全く知らず

そこも何とか採用され

専門学校生活とバイト生活の両立が始まりました。

専門学校に入学して少し経った頃

クラス担任から突然

『あなた生徒会長になったから!!』

と言われる(・o・)

別に真面目じゃなかったし、結構意気がってたし

なんで自分が生徒会長なのか理解不能・・・

後にクラス担任になぜ自分が生徒会長になったか理由を聞いたところ

受験の際に提出した調査書が良かったとのこと。

高校野球を真面目に取り組み、高校三年間無遅刻無欠席(-ω☆)キラリ

そんなところが評価されての抜擢だったらしい。

高校の授業中は、かなり寝てたんだけどな(笑)

とゆーことでその日から名前で呼ばれることがなくなり

専門学校の友達からは

『会長』と呼ばることになる・・・(現在も)

学生時代のケンちゃんは生徒会長なのに

超ダメダメ生徒。。。

毎日のように出される美容技術の宿題も

一度作ったものを適当に加工し、それを何度も提出するおバカさん。(宿題したふり)

技術の練習も、ろくにせずバイトに明け暮れ

毎日のようにせっせとお好み焼きを焼く。

美容の練習はしないくせに、お好み焼きを上手く焼くことを追求し

焼きの技術を磨く(≧∇≦)

仙台のお好み焼き屋を食べ歩くようになる。

メキメキとお好み焼きを焼くのが上手になり時給も上がる。

この時に思ったのは・・・

『俺ってお好み焼き屋になれるんじゃね?』って。

美容師目指してるのに(笑)

自分で自分のことを器用だと思ってた部分があって

美容師とか向いてるかなぁって思ってました。

専門学校の美容技術を教わる時は

先生がマネキンを使い説明しながら技術をやる。

こんなのとか

先生がやってるのを皆で見る。

『では皆さんもやってみてください!!』

って流れなんです。

その時のケンちゃんの心の中は

先生がマネキンを使い

説明しながら技術をやる。

(なんだ簡単じゃん!俺出来るよ!)

先生がやってるのを皆で見る。

(あーもぉ分かったから早くやりたい)

では皆さんもやってみてください!

(超余裕!一番で終わらそっと!)

完全に調子こいてます(ー_ー)

ですが

器用だと思ってたケンちゃんはここで挫折を味わう。

【やってみるとなんもできない】

そればかりか周りの女子たちは器用にこなす

『あれっなんかおかしいぞ?思ってたのと違う・・・・・・』

それから毎日挫折の日々。

次第に心の中では

『器用だと思ったのになんで俺できないんだろ・・・』

『やっぱり美容師に向いてないな・・・』

と思い始め、どんどん落ちぶれる。

つづく。

専門学校時代のケンちゃん

若いね(≧▽≦)